海岸沿いで手をつないでいる男女

クロミッドで排卵誘発

桜の花にとまるテントウムシ

無排卵性周期症が原因で不妊症となっている女性は、少なくありません。しかしそれに気づかない女性も多いのです。それは排卵が起きていない状態でも、生理のような出血があり正常な生理と見分けがつかない場合もあります。

このとき出血量の増減・期間が短くなったり長くなったりすることもありますが、それらを一時的な生理不順として見逃しがちなのです。妊娠を望んでいる場合は、まず排卵がきちんと起きているか確認しましょう。

そして無排卵が分かった時には、排卵誘発剤などを利用して排卵をしやすい身体づくりを目指すことが大切です。病院でも処方されるのがクロミッドという排卵誘発剤で、これは男性の不妊症にも応用されることもあります。

服用することで、クロミフェンという成分が脳下垂体に働きかけて、性腺刺激ホルモンの分泌を促すのです。これによって女性の体内では女性ホルモンの分泌増加・卵子の成長と排卵をサポートしてくれます。男性が服用した場合は、同様に男性ホルモンの分泌増加につながり、精子形成に効果が期待できるので精子の増量によって、妊娠の確率を高めることができるのです。

クロミッドの服用で、排卵が安定して起こりやすくなることで、排卵日は分かりやすくなります。この排卵誘発の効果があってこそ、タイミング療法や人工授精での妊娠成功に近づけるでしょう。1日1回、生理開始日から5日間の計5回服用することで、排卵が促されます。ただ一般的なホルモン剤のような副作用であったり、子宮頸管粘液の分泌が抑制されるなどの症状が起こる可能性もあるのです。

通販サイトでも購入できるクロミッドだからこそ、正しい服用方法は知っておく必要があります。自分勝手な判断で飲めば重い副作用を起こす可能性があるので、排卵誘発剤を安全に正しく服用してください。