海岸沿いで手をつないでいる男女

不妊治療にクロミッド

妊娠検査薬と白い花

不妊治療と聞くと、女性だけが関係しているように感じますが、実際そうではありません。もちろん女性の排卵がうまくいっていないことが原因になることも少なくありませんが、男性の不妊症というのも存在します。

女性の不妊治療の場合は、ピルなどを服用して女性ホルモンに似た成分を直接的に体内へ取り入れる方法を想像する人が多いはずです。しかしクロミッドという治療薬は、排卵誘発剤に分類され、脳下垂体に働きかけることで性腺刺激ホルモンの分泌を促します。この働きによって、排卵が起こりやすくそして大きく育ちやすい状態を作り出すのです。

ピルは人為的に体内の女性ホルモン量のバランスを整えることで、排卵時期を分かりやすくします。クロミッドは、人為的にホルモンの分泌を促すよう働きかけることで排卵・妊娠がしやすい状態に導いてくれるのです。

性腺刺激ホルモンは男女ともに体内で分泌されているもので、女性は卵子形成や排卵に、男性は精子形成を促す働きを持っています。つまり性腺刺激ホルモンが不足することで、排卵が起こりやすく、精子の減少につながりやすくなるのです。

クロミッドは女性ホルモンが含まれているわけではなく、性腺刺激ホルモンの分泌を促してくれるので、男女ともに利用できる不妊治療薬といえます。そしてクロミッドは実際に産婦人科などで、排卵誘発剤として処方される治療薬でもあるのです。そのため、原因を突き止めてクロミッドが必要だと判断された後、服用継続のためにクロミッド通販を利用する方法もお勧めです。

ただ副作用として、子宮頚管粘液の分泌抑制や子宮内膜が薄くなる可能性もあります。これらの副作用が起こっていないか定期的に検査を受けることは必要です。特に長期的な治療をおこなう場合は医師へ相談しながら、クロミッドを服用しましょう。